2010年 05月 18日 ( 1 )

いつもJournal de パキスタン旅行業界をご覧下さってありがとうございます。
管理人の白井の方から御案内申し上げます。

現在、担当者のレヘマットが長期休暇を頂戴して故郷のフンザに戻っています。

・・・と申しますのも、既に弊社で運営させて頂いているいくつかのサイトでも御案内させて頂きました通り、本年1月に発生したアッタバードでの大規模土砂崩れによりフンザ河の水が堰き止められ、大きな湖が出来るという災害がございましたが、この災害からの復旧作業が芳しくなく、5月に入ってからは雪や氷河の溶けた水が流入することによる湖面上昇の勢いが増すばかり・・・。

そしてとうとう「このまま行くと近日中に決壊の恐れ」と警告されるまでになりました。

e0044187_22542370.jpg


既に上フンザでは湖がグルキン氷河の端まで達しており、グルミット村の一部も浸水しているとの情報です。
(主要ホテルは今のところ被害を受けていないとのこと。)

万が一にも湖が決壊することになると、一気に流れ出た大量の水が河岸をえぐりとり、崖の上に位置する村々までも倒壊の危険性があると指摘されています。

レヘマットの家のある村はまさにそのような崖の上に位置する村なので、彼も家族を伴って既に親戚の家に身を寄せているとの話でした。

とても心配です・・・。

FWO(Frontier Works Organization)は湖水を放つ放水路を設けることで湖岸の決壊を防ごうと試みたのですが、却ってその作業自体が決壊を早めるのでは・・・という危惧から、早々に作業を中断したと伝えられています。

フンザ河流域の村々は既にテント村への避難を開始しています。

このニュースに関しては以下のサイトに詳しい経過報告や最新情報があります。

◆Pamir Times (英語)
http://pamirtimes.net
◆Hunza Landslide Monitoring (英語)
http://hunzalandslide.blogspot.com
◆Dave's Landslide Blog (英語)
http://www.daveslandslideblog.blogspot.com

また弊社のフェイサルも最新のブログ記事でこのフンザの非常事態について御紹介させて頂いております。
◆フェイサル・シャーのパキスタン便り【非常事態のフンザ】
http://faisalshah.exblog.jp/13743569/

パキスタンの観光業を支え続けてきた桃源郷フンザ。

既に多くの人々が家を失い、農地を失い、大きな被害を受けておられます。
これ以上被害が甚大にならないよう心から祈るばかりです・・・。


◆この災害について多くの方に知って頂けるよう、是非ともクリックをお願い致します!◆
にほんブログ村 海外生活ブログ パキスタン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
[PR]