<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今巷で話題沸騰(どこが!)のPIAのリコンファームについて。


ここ2週間程、本当に悪夢にうなされております...。


何故かというと、以前よりも「より面倒に」なったからなんです!!


○パスポート本体
○チケット本体
○旅行会社にて代理手続きの場合には会社のレター


これを持って行かなくては門前払いですよ。

以前は政府登録の旅行会社においては、会社のレターさえあれば、
○パスポート本体の代わりに、パスポートデータリスト
○チケット本体の代わりに、チケットコピー
これで手続きをしてくれていたのですよね。


しかしながら、「やっぱりリコンファームが要ります」と元に戻った現在、揺り戻しって言うんですか?振り子がプラスにグイっと触れた分、同じだけマイナスに戻ってしまったようで、「パスポート本体を持ってこい!」「チケットはどこだ?」の押し問答の連続です。

そんなことを言われても、ツアー中のお客様のパスポートをイスラマバードに置いて行ってもらう事はできませんし、チケットだって中国から国境を越えてくるお客様の場合、先に送ってもらうことなんて出来ません。

大概は成田へ発つ日にイスラマバードに到着されるのですから、それを待っていたら「定刻の72時間前」というリコンファーム期限は過ぎてしまいます。


どんなに言葉を尽くして説明しても
「ダメ!ダメ!ダメったらダメ!」の繰り返しです。

そりゃ無いぜ~アニキ...と言いたくなるような厳しさです。

団体ツアーの場合にも、どうやらリコンファームをしていない現地手配旅行社もあるようですが、仮に98%それで大丈夫だとしても、たった2%とは言えリスクを取るべきではないというのが我々の方針です。


だからこそ、我々はあらゆる手を尽くしてオリジナルパスポートが無くとも、オリジナルチケットが無くともリコンファームをしてもらうようにしているのですが、昨今のPIAの窓口というのが、まるで「ルシアン・ルーレット」なんですよ。

昨日の某旅行会社さんのリコンファームはすんなりあっさり出来ました。
パスポートリストとチケットコピーと弊社作成の書類でOKでした。

ところが、今日の窓口係員は弾丸だったようで、ドキュンと打たれてしまったのです。

朝から弊社スタッフがお百度を踏んでいるのですが、「パスポートを持ってこい!」「チケットはどこだ?」の一点張り。中国から国境を越えてパキスタン入りされて、現在もツアー中だと何度説明しても「なら、イスラマバードに来てから一式揃えて持って、顔洗って(<コレ言ってないです)、出直して来い!」の繰り返し。


だーかーら~~~それじゃ間に合わないんだってば!ヽ(`Д´)ノ


現在、カラチ本社のマネージャーさんに手伝ってもらって手続き中です。

でもですよ、本来、マネージャー氏の手を煩わせるような問題ではないはずなんですよ。
何が問題ですか?
何がリスクですか?
オリジナルパスポートなしにリコンファームしたからと言って打ち首獄門になるのですか?

窓口の人々の頭の中がどうなっているのか見てみたいです!

このところ、イスラマバード>成田路線のエコノミークラスは結構込んでいるので(実際は北京>成田間が混んでいる様子。)、リコンファームが出来ないと本当に心配なんです。

いやね、今は輝ける21世紀☆ですよ。
21世紀の現在、言ってしまえばたかがリコンファームですよ。

今や世界の大半の航空会社では「あ~~おじいちゃんの時代にそういうものもあったね」と言われるくらいに昔のものになってしまっているリコンファームですよ。

しかも、日本のちゃんとした旅行会社さんを通してチケット発券をしているフライトですよ。
主催旅行ですから、フライトの日付はまず事故でもない限りは絶対に変更にはなりませんよ。

そんな確実性が高いフライト予約のリコンファームに何故にゆえにこれほどの労力を傾けないといけないのでしょう?


繰り返しますが、21世紀です。

前世紀、私自身が添乗で巡った数々の国のフラッグ・キャリアにおいて、リコンファームを必要としていた会社でさえもリコンファームというのは「電話でするもの」でしたよ。

オリジナルチケットとオリジナルパスポートを強要されるのは、世界広しと言えどもPIAぐらいではないでしょうか?


PIA東京サマ、何とか内部でテレックスを打つなりして、こういった日本発券の団体ツアーさんへの対処方法を練って頂けませんでしょうか??


切に、切にお願い致します!!!

私達もリコンファームの為だけにスタッフを1~2名、PIA事務所に終日貼り付けておくのは業務効率が悪すぎますし、スタッフ達の精神衛生上も大変よろしくないことです。

誇張ではなく、PIA事務所から戻って来たスタッフの顔は頬がこけて、疲労の色濃く、多分体重も1キロくらいは減っている感じです。(あ、じゃあ、私が行けば良いのか!今度は。)


また、アフガニスタン国籍の方々に対する厳しさも想像を絶します。

カブールで仕事をしておられる方々のリコンファーム代行も仕事でさせて頂いているのですけれども、「アフガン人の場合には何がどうあってもオリジナルパスポートが無いとリコンファームはしない!」と主張する人が居るのです。

そういうルールになっているっていうわけではないのですよ、それぞれ窓口の方が「I am the LAW!(俺が法だ!)」という感じなので、たまたま誰に当たるかということによって結果が180度異なるのです。

さらにはやっかいなことに、人の入れ替わりも多いので、顔見知りというのが出来づらい状況にあるのです。

先日も日本にもう20年ほど暮らしておられる実に善良なアフガニスタン人の方のチケットリコンファーム手配で、丸1週間格闘しました。

しかも、PIAはクラス変更に際して、古いチケットをVOIDして新しいチケットを作ろうとした時に、機械故障を起こして20時過ぎの閉店まで弊社スタッフを待たせた挙句に「ごめん、今日はこの機械あかんわ。とりあえず帰ってくれる?明日新しいチケット出すから。かんにんな。」と店じまいしておいて、翌日またスタッフが行くと、その人は居らず別のスタッフの人が「なんやそれ、ほんなん知らんがな。え?A子がやったんかいな。A子は今日休みやわ。明日やったら出社しとるさかい、明日おいで。」ですよ。

なんですか、それは?

結局その日も弊社スタッフは終日PIA事務所で粘って色々なマネージャーと話をしたのに、「せやかて、アフガン人やろ、その人。オリジナルのパスポートあらへんかったらどもならんわ。」とのこと。

じゃあ何で新しいチケットを発券しようとして、この古いチケットをさっさとVOIDにしてしまったのかと詰め寄ると「そんなんA子の間違いやわ、あいつ知らんかってんな。アフガン人はパスポートのコピーでは何もしてあげられへんねん。お兄ちゃん帰りいや。」ですよ。

仕方なく、翌日A子を尋ねて行くと、A子は自分のミスなど知らん振りで「アフガニスタン人の場合はパスポートを持ってきてくれんと、うちら何も出来へんわ。」の一点張り。

結局、こちらもPIAの本社にまで話を通して、やっと何とかしてもらった次第です。

でも、ですよ。
こんなことでいちいち、カラチ本社だのイスラマバード本部のマネージャーが動くってことは、日頃このやんごとなき方々はどんな仕事をされているというのですか??

非生産的、というかエネルギーの効率が悪すぎるというか、も~~~~っ!!!
本来やらなくても良い仕事に使う電力エネルギー、事務所とスタッフ達がやりとりする電話の電磁波、PIA事務所までの車の排気ガス、我々が怒って上昇した体温。

つまり、地球環境に大変悪いのです。

PIAよ、地球に優しいエアラインになってください!!
[PR]
by pakistan_tourism | 2006-08-25 14:55 | エアライン
◇Lahore Diaryさんにトラックバック!
PIAリコンファーム廃止?

PIAのリコンファームが不要になったとかならないとか・・・。
国内線は必要なくなったとかならないとか・・・。
国際線はやっぱり必要だとか必要じゃないとか・・・。
日本国籍の人は不要だけれども、アフガン国籍の場合は必要だとか必要じゃないとか...。


ええい、どっちやねん!ハッキリしてくれPIA!!!


私達もこの数週間、本当に苦労しました...(;´д⊂)


リコンファームの為にチケットと必要書類をPIA事務所に持って行くと
明らかに仕事したくない度120%の窓口係員から言われるんですよ。

「あのさー、リコンファーム要らなくなったのに、何で持ってきちゃうわけー??」と。


過去にPIAの係員のいうコトに耳を傾けて散々痛い目にあってきている我々の左脳には、PIAカウンターの人に「要らない」と言われると、IRANAI>>IRUNAI>>IRUNDA>>「要るんだ!」と変化する自動翻訳機能が内蔵されてしまっているのですよ。


そんなわけでどんなに嫌な顔をされてもリコンファームをしてもらっていたのです。


窓口の人は本当に面倒くさいみたいで、5綴以上のチケットを一度に持っていくと
「あのさー、そんなにリコンファームしたいんなら電話でも出来るんだよー。111-786-786に電話してよー。」と言うのです。

でも、私達はチケットにリコンファーム済のスタンプをしてもらうまで信じない。


もうトラウマですよ、彼等の「大丈夫」という言葉は。


そんな8月のある茹だるような暑い午後・・・、PIA予約センターから電話がかかってきました。

「あのー、おたくのグループのイスラマバード>成田のチケット、リコンファームしてないんで席落としますけど良いですかー?」

「ええええっ?Σ( ̄□ ̄lll) ちゃんとリコンファームしてもらって、PIA事務所でスタンプまで捺してもらってますよ!!!」

「でも、データ上はリコンファームになってないんで、ちゃんとリコンファームして下さい。落としますよ。」

「っていうか...。( ̄Д ̄;)ソッチノマチガイジャン
 じゃあ、この電話でもってリコンファームってことにして下さい。予定通り乗りますから。」

「いや、電話ではリコンファームできないんで、最寄のPIA事務所にパスポートを持って行って下さい。」

「(; ̄Д ̄) はぁ?
 いつもPIA事務所に行くと111-786-786に電話したらリコンファームできるから、いちいち事務所に来るなって言われるんですけど。」

「知りません。電話では出来ません。チケットとパスポートを持ってPIA事務所に行って下さい。落としますよ。」

「っていうか、こっちはちゃんとスタンプももらってるんですよ。パスポートのコピーだって提出したじゃないですか。」

「知りません。乗るんですか、乗らないんですか。今日の19時までにリコンファームしなかったら落としますんで、そこんとこよろしく。以上。(ガチャン!)」


こんなんですよ~~。どう思います?
すっごい感じ悪いでしょう?

ホスピタリティー」とか「カスタマーズ・サティスファクション」とか、そういうコンセプトはゼロですね。

きっと窓口の人に尋ねたら
「ナニそれ?美味しい?」とか訊かれたりして!!


競合他社と呼べるほどのエアラインがまだまだ育っていないからこんな感じなんでしょうかね~。


でも一応PIAの名誉の為にフォローさせて頂くと、
本社のマネージャークラスの人達の間にはすごく立派な人が居るんですよ。

十把一絡に悪く言いたくないですけれども、おしなべてカウンター業務は酷すぎます。


そんな状況なので、リコンファームが要らなくなったと言われても、とても信じる勇気はなく
あたかも「絶対に背中のパラシュートが開くから飛び降りてごらんよ。」と断崖絶壁に立たされた気分...。


バカをみても良いから無駄骨でも良いからリコンファームしたい。
お客様のチケットのことでリスクは取りたくない!!!


それが私達の気持ちです。

ところで、そろそろ混乱の時期も終わって情報の整理がされる頃かな...と思い
先ほどPIA事務所に問い合わせをしてみました。

リコンファームは結局不要になったのかどうか...。


答えは・・・。




・・・・・・・。






・・・・・・・・・・・・・・・・。





【国際線も国内線も両方リコンファームが必要です】(8月19日現在)


なら、最初からヘンなルールを作ったり発表したりすんなよーーー。ヽ(`Д´)ノ

と思った方、まだまだパキスタン航空とのお付き合いが足りないようですネ。
これしきで怒っちゃダメですよ!


ではまた!次回もPIAトピックをお届け致します!(え、もういい??)
[PR]
by pakistan_tourism | 2006-08-19 16:17 | エアライン
永らく更新をお休みしておりまして申し訳ありません。

7月から8月にかけて、本当に沢山のお問い合わせや御手配依頼を賜りまして、私も海外出張中止で仕事に没頭しておりました。

今もまだまだ時間の余裕が持てない状態なのですが、あまり更新していないと「倒産したか?」と思われてしまうと大変!というわけで、ご挨拶を...。

また秋のシーズンに向けて頑張って参りますのでよろしくお願い致します!

白井真理子 拝
[PR]
by pakistan_tourism | 2006-08-19 11:31