<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

10 月31 日(金)曜日 by Rehmat

今日のパキスタン観光情報

◇お天気・気温◇
イスラマバード
天気  晴れ
最高気温22度
最低気温10度

カラチ
天気  晴れ
最高気温37度
最低気温21度

ラホール
天気  晴れ
最高気温28度
最低気温15度

ペシャワール
天気  晴れ
最高気温23度
最低気温11度

◇北方地域フライト(イスラマバード出発分のみご案内)◇
ギルギット路線
PK605 07  時 20  分出発  とんだ
PK607 10  時 25  分出発  とんだ

スカルドゥ路線
PK451 09 時 30 分出発  とんだ 

チトラール路線(火・水・金・日)
PK664 07  時 40  分出発  とんだ

◇為替レート◇
US$ 1=Rs.60.5155
EURO 1=Rs.82.4277
日本円1=Rs.0.5030

◇今日のお知らせ<>
[PR]
by pakistan_tourism | 2007-10-31 13:46 | Daily Report
10 月27 日(土)曜日 by Rehmat

今日のパキスタン観光情報

◇お天気・気温◇
イスラマバード
天気  晴れ
最高気温24度
最低気温15度

カラチ
天気  晴れ
最高気温38度
最低気温25度

ラホール
天気  晴れ
最高気温30度
最低気温17度

ペシャワール
天気  晴れ
最高気温25度
最低気温15度

◇北方地域フライト(イスラマバード出発分のみご案内)◇
ギルギット路線
PK605 07  時 00  分出発  とんだ
PK607 10  時 00  分出発  とんだ

スカルドゥ路線
PK451 09 時 55  分出発  とんだ 

チトラール路線(火・水・金・日)
PK664 07  時 25  分出発  とんだ

◇為替レート◇
US$ 1=Rs.60.5155
EURO 1=Rs.82.4277
日本円1=Rs.0.5030

◇今日のお知らせ<>
[PR]
by pakistan_tourism | 2007-10-27 14:35 | Daily Report
10月19日、日本国外務省が発出したスポット情報を以下のとおりお知らせします。



2007.10.19

~渡航情報(スポット情報)~

(件名)

パキスタン:カラチ市内における爆発事件の発生



(内容)

1.10月19日午前0時5分頃(現地時間)、カラチにおいて、同日亡命生活を終え帰国したベナジール・ブット元首相を迎える群衆の中を車列で移動していた同元首相の乗る車両付近で、2度の爆発がほぼ同時に発生し、少なくとも125人が死亡、約430人が負傷した模様であり、今後被害者数が増加する可能性があります。事件の背景等詳細は現時点では不明ですが、同元首相を狙った自爆テロとみられています。



2.パキスタンでは、来年初めに総選挙が予定されており、一連の選挙及び政情を巡り、治安情勢が首都圏及びカラチを含め全国的に更に不安定化する可能性も排除されません。



3.また、7月に治安部隊がイスラマバードのモスク(ラール・マスジッド)に対する作戦行動を実施して以降、全国で主に軍・治安関係者を狙ったテロ事件が急増しています。



4.つきましては、パキスタンに渡航・滞在される方は、テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう最新の治安情勢の入手に努めてください。また、主に軍・治安関係者や政府関係者が狙われているとみられることから、テロの標的となりやすい軍・治安関係の施設(車両等も含む)、政府機関、宗教関連施設、欧米関連施設、及び集会やデモが行われている場所には必要がない限り近づかないようにしてください。さらに、市場やバス停など、多数の人が集まる場所では十分警戒し、周囲の状況に注意してください。

 なお、爆発事件に関しては、以下も併せて御参照ください。

(パンフレットは、http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.htmlに掲載)

(1)2007年7月6日付け広域情報「爆弾テロ事件に関する注意事項」

(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」

(3)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」


(問い合わせ先)

○外務省領事局邦人テロ対策室(テロに関する問い合わせ)

 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3679

○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)

 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2903

○外務省海外安全ホームページ:http://www.mofa.go.jp/anzen/

○在カラチ日本国総領事館

 電話:(92-21)-522-0800

○在パキスタン日本国大使館

 電話:(92-51)-227-9320

************************
在パキスタン日本国大使館
Embassy of Japan in Pakistan
TEL:92-51-2279320
FAX:92-51-2279340
************************
[PR]
by pakistan_tourism | 2007-10-19 10:34 | 治安情報
イード・ムバラク!!

1ヶ月に及ぶラマダンの断食月が終わりを告げ、断食明けのイード祝祭の始まりです!

パキスタン政府はこの度
10月13日(土)~16日(火)をオフィシャルの休日と発表致しました。


この4日間は全ての事務所・学校・官公庁などがお休みになります。

Cox & Kings Pakistan (Pvt) Ltdでは、お陰様でこの連休中にパキスタン在住の外国人の皆様(特に日本人の皆様!)から大変多くの御仕事を頂戴致しましたので、非常に嬉しいことに…。

全ガイド&全ドライバーがツアーに出させて頂いておりますヽ(^O^)ノ!!!

本当にありがとうございます!! m(_ _)m


ラマダン連休中は、わたくし白井真理子が一人さびしくおとなしく事務所にてお留守番&電話番です。

ウルドゥ語も出来ない私などに果たして電話番が務まるのか非常に不安&疑問ですが、とにかくガイド達も運転手達も楽しいイード休暇返上で現場で活躍してくれているので、私だって自分の出来る範囲で頑張らないと!!!


・・・あ、ウルドゥ語でのイタズラ電話とかダメですよ!
私がしどろもどろになって冷や汗をかいているのを楽しむとか、そういう計画は禁止です!


さて弊社ではこの連休中は以下の業務体制となっております。

◆お請け出来る業務内容
- パキスタン国内のツアーにおけるランドポーションの御見積もり(航空券除く)
- パキスタン国内旅行に関するお問い合わせ
- 進行中のツアーに関する変更やお問い合わせ


◆連休明けまでお待ち頂く業務内容 
- 新規予約手続きと御回答
- 航空券の御料金照会
- 航空券の予約発券
- 事務所での御相談業務
- 長時間に及ぶお電話でのコンサルティング業務


また先のエントリーで御紹介させて頂きましたように、現在、弊社の電話回線に問題が生じております関係で、インターネットが懐かしのダイヤルアップの超ナローバンドに頼らざるを得ない状況になっております。

一番確実なのが携帯電話でしょうか…。

とは言え、携帯電話もイード祝祭中は各携帯電話会社が「大好きな人にイードおめでとうの電話をしよう!!」とスペシャル料金を宣伝していますので、もしかしたら繋がりにくくなっているかもしれませんね…。


色々と御迷惑をお掛けいたします。

いわば日本で言うところの年末年始のような時期ですので、パキスタンの人達が楽しく平和にイードをお祝いしていることに免じて、少しの間の業務停滞を優しく見守って頂ければと存じます!

17日(水)からは平常通りの営業体制に戻ります。


現在ツアーに出ているガイド達も16日と17日とで戻って参ります!
[PR]
by pakistan_tourism | 2007-10-13 00:00 | 祝祭日
皆様こんばんは!

このところ、こちらの観光情報ブログもガイド達のブログも更新が滞りがちで申し訳ありません・・・。

ラマダン明けのイード祝祭連休を挟んで、非常に沢山の休暇旅行手配の御依頼を頂いている(*^-゚)v という嬉しい事実があって、それで皆スタッフ達がブログにタッチする時間を捻出できずに居るのです。

お陰様でとっても有難いことです。m(_ _)m


・・・というのも事実なのですが、実はそれ以上に深刻な事実がありまして…。

弊社の電話線が壊滅状態なのです…。(;´д⊂)

コックス・パキスタンでは一般業務用電話回線2本、FAX専用回線1本、DSL専用回線1本、国際電話発信回線1本と、計5つの電話番号を使っているのですが、このところ毎日どれかの回線に不具合が生じていまして、ここ数日間は全部の回線が具合が悪いのです。

しかも大変迷惑なのが、例えば業務用回線に御客様が御電話を下さると、御客様にはちゃんと呼び出し音が聞こえているのですが、こちらの電話はウンともスンとも鳴らないのです。

ですから、御客様からしてみると「まるで誰も電話にアテンドしないような」印象を抱かれてしまうのです。

昼夜問わずみんな頑張って働いているのに何だか悔しい~~!
それにせっかく御電話を下さった御客様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

申し訳ありません。
…私の携帯電話番号を御存知の御客様は携帯の方に御電話下さいね!

それにしても、何でこんなに連日回線の不具合が生じるのか…。
いつもそうなのですが、大型連休の前は、何故か電話回線の不具合が集中するのですよね。

以前も連休中ずっと電話が使えなくて途方に暮れたことがありました。

そして今回、一番困っているのがDSL用回線がずっと停止していることです。

その為に手配チームやお問い合わせ専用のメールチェックはずっとお預け状態です。
別の電話番号を通じてのDSL回線へと切り替えが出来ないのです。

イード連休が迫ってきていたので、PTCL(パキスタンのNTTと思ってください)にしつこくしつこく苦情報告をしているのですが、「スグにエンジニアを行かせます!」と言うばかりで、誰も来る気配なし…。

弊社社長の幼馴染がPTCLのお偉方の一人なので、社長からその方を通じて状況を説明したところ、昨晩は22時半に修理チームが飛んで来てくれて、「お~!さすが人脈の国だ!ヽ(^O^)ノ!」と感動していたら、「こりゃあ、メインケーブルの問題なんで、オレ等じゃどうにもなりません。明日専門家を寄越します。」と言い置き、自分達がちゃんとやっているというポーズの為か、修理チームのメンバーが私の目の前で現場責任者らしきマネージャーらしき人に電話をして状況を説明していました。

その方が私にかわって欲しいとのことで、電話に出てみると「本当に申し訳ありません、今日はどうにもならないので、明日朝9時に必ず人を寄越します。」と丁寧にお詫びをして、回線修理の約束をしてくれました。

こんな対応は初めてです!


でも、そして、やはり・・・今日は朝から誰も来ない…。( ̄_ ̄|||)・・・


催促の電話するたびに「もうすぐ来ます!」「金曜日のお祈りが終わったら来ます!」「あとちょっとで来ます!」


で、もう22時半ですから。


そしてとうとうイード連休突入…。

もう丸4日間ほどメールのチェックが出来ていませんし、明日からイード連休ですからこれから先の4日間もメールチェックは出来ないことでしょう。


つまり16日(火)まではメールのチェックが出来ません。


・・・かろうじて私には昔契約していたダイヤルアップのインターネット契約があるので、そのコネクションを使って自分のメールはチェック出来ているのですが、このダイヤルアップ回線のスピードは、なんと


37.2kbpsです!

今時、「光」とか何とか言っている時代に、37.2kbpsなんてインターネットを使っているアナログな人がこの地球上に私以外に居たとしたら是非ともお友達になりたいです!きっと痛みを分かち合って唯一無二の親友になれそうな気がします!


一般に「ナローバンドの定義」というのは「128kbps以下の速度」と言われています。

・・・としたら、私のダイヤルアップ@37.2kbpsなどはその4分の1の速度…果たしてインターネットと呼べるか呼べないかのきわどい瀬戸際みたいなところに位置しているわけです。

実際に一枚でも写真の入っているページを見ようと思うと、もう画面が永遠にフリーズです。

例えばこの「Journal de パキスタン旅行業界」のページをアクセスして全部の文字が出てくるのに30分は優にかかるのです。

そしてログインするのに30分。
投稿記事(こちらはテキストファイルでコピペ)をアップするのに30分。

その間エラーが何十回も…。
「Internet Explorer ではこのページは表示できません」

じゃあ、何だったらページが表示出来るのぉぉぉぉ(;´д⊂)

そして、このダイヤルアップ・・・恐ろしく時間がかかる上に、ネット契約というのが「データ送受信量で幾ら」ではなく「接続時間でいくら」という具合なので、こうしてジリジリ待っている間にどんどんお金が消えていく…という勿体無い極みなのです。

だからこそ、2年ほど前からDSLに切り替えて仕事をしているのですけれども、このDSLだって決して早くはないのですよ。

だけれどもダイヤルアップよりはずっとまし!

そんなわけで、この連休の間にインターネットを介してしか処理できない仕事をまとめて整理する予定にしていた私は正直言って途方に暮れています。 (〃´o`)=3

ホント、どうしよう…。
でも電気があるだけましかな…夏場のあの停電の嵐に較べるとパソコンが使えるだけ有難いかも。

でも…改めて考えてみると、こうして通信インフラが発達してくると、今後もどんどん仕事のスピードを先進国に照準を合わせることが求められてきて、パキスタンのように「ま、繋がらないなら繋がらないで仕方ないよ。チャイでも飲んでゆっくりしよ!」とのんびりしている国は市場から置いてきぼりを食らってしまうようになるのですよね。

かと言って、「乗り遅れないように頑張らないと!」と、この環境で気張ってしまうと、常にイライラカリカリしなくてはいけなくなってしまって、自分にとっても周囲にとってもあまり良いことではないですよね。

自分が旅行業界に入った12年前と較べても、現在求められている情報のやりとりのスピードは、当時では考えられなかった程の速さ。

あの頃はe-mailなんて全く普及していなかったので、何か知りたいことがあっても、その日のうちに海外から回答が得られるなんてことは期待しておらず、最初から数日間を見越して段取りが出来ていましたが、今はもメールやスカイプを使えば、同じ建物の別のフロア同士でやりとりしているのとかわらない感覚で外国と情報交換が出来てしまうので、そのスピードについていけないと落伍者となってしまうのですよね…。


パキスタンはの~んびりしたところが魅力なのに、私はいつも「またネットが繋がらない!」「電話回線が故障!」「メールプロバイダが勝手にメールを削除している!メールが消えてる!!」「なんでこんなに停電が多いの!」「発電機の故障が多すぎ!」と、いつもいつも通信事情の悪さで怒ってばかり…。


数年前にとある先進国の提携事務所のマネージャー氏がパキスタンの弊社事務所を見て「あ~ウチのスタッフ達にパキスタンはこんな設備で頑張ってるんだって見せてやりたいよ。」とおっしゃっていたのですが
本当に先進国の設備からしてみたら、「こんな設備」というのが本音なのだと思います。

でも早いスピードに乗ってシステムに支えられて仕事が流れている現場の人達から見たら「なんでこんな簡単なことに時間がかかってるの?」という批難の声になってしまうのでしょうね。

きっとそのマネージャーさんもさんざん「パキスタンの対応は遅い」とか「なかなか連絡がつかない」とか、現場のスタッフの方々から文句を聞かされていたのでしょう。

そして事務所の設備を観て「こりゃあ大変だ!」と思われたのだと思います。


・・・パキスタンの名誉の為に申し添えておきますと、ここでも払うべき対価を払えば必要な機材は国際レベルのものが入手出来ます。

ひとつひとつの機材は先進国と同じものなのですが、問題はメンテナンスが出来る人が皆無に等しいということ。

電圧の不安定さや電力供給のムラから、機械に不具合が頻繁に起こるのに、それに対処できる人が滅多に居らず、それでも各々が「パソコン修理屋」「プリンターの純正トナーを扱っています」「ブロードバンドならお任せ!」「自分はウェブデザイナー」と言って憚らないのです。

純正トナーが何なのか知らないで、純正だと公言しつつリフィルしたトナーを純正価格で知らずに販売しているような人も居ます。ブロードバンドと言いながらナローバンドだったり、ウェブデザイナーと言いながらタグを知らない人も居ます。

誰でも資格なしに職業を名乗れる自由がある反面、自分がインチキをしていると気付かないうちにインチキ商売に手を染めていることだってあるわけです。

ただ、こういう人達は大概悪意のない単純な人達。

逆に頭の回転が良くて本当に気のきいた人達は、往々にして何とか顧客を煙に巻いて儲けようとするので、騙されないようにしようと思うと、こちらもある程度の知識がないと対応しきれないのです。

「餅は餅屋!」と職業人としての自尊心のある本物のプロに安心して任せられる環境というのは、私はパキスタンではまだあまり遭遇していないです。多分これまでこちらで邂逅のあった「プロ」と呼べる人々は片手で数えて足りるのではないかと…。

一時が万事そんな具合なので、通信事情や設備事情さえ良ければものの5分で終わる作業に下手をすると5時間、いえ、5日間かかることだってあるのですから「これじゃ本当に困る~~。システムの差をマンパワーで補えるのにも程があるよ~。」という嘆きつつ、今後、世界の通信スピードがどこまで早くなって行くのだろう・・・と思うと「何だか、そろそろこういうスピード競争からはドロップアウトしたいな~~いつも追いかけられているみたいで疲れた~。」と、木陰で座ってのんびりチャイを啜っているおじさん達を見ながら羨ましく思う今日この頃でした。


…と思わず本音が出たところで、

info@coxandkings.com.pk (一般お問い合わせ)
operation@coxandkings.com.pk (手配課)
sales@coxandkings.com.pk (ツアープロモーション課)
shah@coxandkings.com.pk (社長の専用アドレス)
いずれも16日(火)かそれ以降、DSL用の電話回線が修復するまでメールチェックが出来ません。

またFAX回線も非常に不安定になっておりまして、日に何度も不通になっています。
スカイプもネットが不通なので使用出来ない状況です。
(私の超ナローバンドではスカイプの重みに耐えられません…。)

お急ぎの件がございましたら、
mariko@coxandkings.com.pkにメールを頂くか
まず一度会社の方まで御電話を下さいませ。
+92-51-5529473 / 5529474

宜しくお願い致します!
[PR]
ありえない!!!

イード初日13日と14日の2日間、PIA北方地域フライト(ギルギット路線&スカルドゥ路線)の運行停止が決まりました。

3日前には両日とも予約手続きを受け付けていたのに…突然のキャンセル発表です。


本当にこれは酷いヽ(`Д´)ノ

イード休暇にフンザ旅行に行くのを楽しみに計画されていた方の予定を台無しにしてしまうなんて!!


きく所によりますと、このところ連日晴天が続いていて毎日北方地域フライトが順調に運行していたので
後ろ倒しにずれ込んでいる旅客がいなくて、13日と14日のフライトがそれほど混んでいなかったそうなのです。


それで「イードだし、休みたいし、乗客も少ないし、フライトキャンセルするか!」という感じで欠航を決めたのだそうですよ。


酷い話ですよね、もうサービス業の風上にも置けない!!ヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノ


特別な行事のない平日のフライトを「乗客が少なくて採算が取れないからキャンセル!」とするのと、このような大型連休の時のフライトを「乗客が少ないからキャンセルする」というのとは、全く事実の重さが違うということをPIA北方地域のマネージメントの方々は認識していないのですね~。


昔、1997年のお正月。
私はペルーツアーにアサインされていました。
ちょうど日本大使公邸での事件があった頃です。

事件が起きたのは出発前で「当然ツアキャンだな~」と思っていたら、担当部署のトップの方が、現地と再三安全確認を行った後に、ツアー催行が決まったのです。

驚きましたが、その時に言われたのは
年末年始の御客様は本当にその時期でないと旅行に行けないケースが殆どの方々なんだ。今ツアキャンして2ヵ月後にどうぞ…とお伝えしても、そう簡単には旅行になど出られない御仕事を持っておられる方々なんだよ。だから、本当に危険なのならばツアーは出さないけれども、危険回避の方法が確保できるのならば、何とかしてツアーを出すことが大切なんだ。」と。


本当に大切なことを教わりました。


実際、そのペルーツアーは危険なことなどは何もなく素晴しい旅行となったのですが、あの時に御参加になっておられた方々は皆さんやはり大切な御仕事を持っておられて、年末年始しか海外旅行などは出来ず、しかもそのペルー旅行にいらっしゃる為に、随分前から御仕事を調整されて時間を捻出しておられた方々でした。

パキスタンのイード時期に旅行に行かれる在住外国人の方々だって同じです。「イードは飛ばさないけど、来週末だったら飛ばすから。」なんて言われても、はいそうですか…とは言えないのですよね。

本来ならば、この天候の安定した黄葉の時期にフンザキャンペーンを張るべきなんです。
一日の往復回数を増やすなり、往復割引を適用するなり、何故か設定されている外国人値段(パキスタン人料金の1.7倍!)を期間限定で撤廃するなり、方法は色々あるので、どんどん売り出すべきなのに…。

PIAのツアープロモーション課はいつも見当外れなんですよ・・・。

この間も9月上旬に「PIAは古代文明の遺跡への日帰り旅行を提案します!」とモヘンジョダロのプロモーションを展開したのです。

カラチ~モヘンジョダロ~カラチのフライトは、通常1日夕刻1往復のTouch&Goフライトなので、モヘンジョダロの見学をするためには現地に1泊するか、または車で3時間の町、サッカルに朝便で飛んでそこからモヘンジョダロに移動して遺跡見学をしてから夕刻のカラチ行きに乗るか、そのような不便な選択肢しかなかったので、この「カラチ~モヘンジョダロ~カラチの空路日帰り旅行が可能に!」というのは着眼点としては素晴しかったのです。

しかも設定日を日曜日にしたのも最高に気が利いている配慮でした!

ところが、まずは時期が悪かった。

9月なんてまだ暑くて誰も好んでモヘンジョダロに…。とは考えない季節。
こういうキャンペーンは秋から冬にかけて大々的に広告すべきだったのです…。

そしてようやくこれからこのキャンペーンが生きてくる季節になりましたが、PIAのスケジュールを確認すると
「あれ?日帰りフライトがなくなってる…( ̄_ ̄|||) 」

早速イスラマバードのツアープロモーションマネージャー(上記のキャンペーン告知を行ってきた方。女性。)にウチのスタッフが電話をして

「あの~9月最初に案内を頂いたカラチからモヘンジョダロへの日帰りキャンペーンですけど。」

「ええ、それが何か?(^-^*)」

「なんか、もうなくなってるみたいですね。日曜日の朝のフライトがなくなってますよ。」

「ええええ!!ほ、ほんと?w( ̄Д ̄;)w」

「こちらで調べたらそんな感じなんですけど、何かの間違いですよね。これからがモヘンジョダロの時期ですもんね。」

「え、ええ…。えええっと…。ちょっと、えええと、調べてこちらから電話します。(; ̄Д ̄)」

ということで、その後音沙汰なしです。

何のためのツアープロモーション課なのか今ひとつわからないのですが。
しかもこの女性マネージャーはまるで在宅勤務で、いつも事務所に居ないですし…。

彼女が仕切って華々しく喧伝したK2エアサファリも、本当に彼女の采配だけで動いているので、結局殆ど運行しないうちに幻のフライトに。

フライトが運行するかどうかも、彼女に聞かないとわからない・・・と言って、運行予定についても、PIAイスラマバード事務所の誰ひとりとして対応出来ないのですよ~。
組織としてはありえない体制!!驚き!

あれだけお金をかけて立派なパンフレットやポスターやDVDを作っていたのに、本当に勿体無い!

こんなに素晴しい観光資源があるのに、それが活かされていないのは本当に勿体無いです。
エアサファリはセールスの仕方次第で必ず集客に結びつくものですし、「30席以上埋まらないと飛ばさない」なんて言わないで、彼等が費やしている潤沢な広告料金を有効に活用して、

「毎週日曜日、乗客がアナタ独りでも飛ばします!」
くらいな心意気で宣伝すれば、絶対に集客できるはずなんです。

本当に勿体無い…。

ヒマラヤのエベレスト遊覧飛行を見習ってくださいよ~~。
それにK2エアサファリも昔は安定したPIAの商品で日本人のフライトアテンダントさんも搭乗しておられたと聞いています。

あのフライトから見るK2は本当に素晴しいです!
私などはオープニングセレモニーで乗せて頂いたのですが、あまりの迫力に声を失いました。

あれを商品にしないなんて勿体無さすぎます。

・・・というわけで、イード時期の北方地域フライトのキャンセルからお話がどんどん派生してしまいましたが、「勿体無い」もうその一言に尽きます。

今回この突然のフライトキャンセルで、イード休暇@フンザを諦めざるを得なくなられた御客様、本当に申し訳ありません…。

さて既にフンザにいらしている方の帰りのフライトについてですが…。

15日の運行スケジュールに関しては未定とのことです。

16日は恐らく予定通りに飛ばすはずだとPIA北方地域事務所の人達は仰っていましたが、こんな調子で突然のキャンセルが決まるのを目の当たりにしていたら不安は拭えないですよね。
[PR]
by pakistan_tourism | 2007-10-12 22:14 | エアライン
10月08 日(月)曜日 by wajid Ali

今日のパキスタン観光情報

◇お天気・気温◇
イスラマバード
天気  晴れ
最高気温24度
最低気温13度

カラチ
天気  晴れ
最高気温33度
最低気温21度

ラホール
天気  晴れ
最高気温32度
最低気温17度

ペシャワール
天気  晴れ
最高気温25度
最低気温15度

◇北方地域フライト(イスラマバード出発分のみご案内)◇
ギルギット路線
PK605 06   時 45  分出発  とんだ
PK607 10   時 20  分出発  とんだ

スカルドゥ路線
PK451 10   時 05  分出発  とんだ  

チトラール路線(火・水・金・日)
PK664    時   分出発    今日はとびません

◇為替レート◇
US$ 1=Rs.60.65
EURO 1=Rs.85.4
日本円1=Rs.0.515

◇今日のお知らせ<>
今日はパキスタンで地震がおきて二年間たちました。
[PR]
by pakistan_tourism | 2007-10-08 14:35 | Daily Report
ここ数年、旅行業界では幾度となく話題になった「燃油サーチャージの値上げ」問題。

主催旅行社さんの中には、旅行代金を設定した後の燃油サーチャージの値上げ分を御客様御負担ではなく、旅行会社負担に...という方針で取り組まれた結果、ツアーの収益以上の金額が燃油サーチャージとして航空会社に持って行かれてしまった...(;´д⊂) という涙なしでは語れない物語も沢山あります。


そんな中で、そろそろ燃料サーチャージの値上げも落ち着いてきたかな、中には下げる航空会社も出てきたし...と思った矢先にやってくれました!!我等がフラッグ・キャリアPIA!!


本日10月4日から燃油サーチャージ値上げです!!



・・・しかも、告知したのも本日10月4日でした。...w( ̄Д ̄;)w



少なくとも弊社のようなNon IATAエージェントはさっきまで知らなかったのです・・・( ̄□ ̄|||)


というわけで値上げ額ですが以下の通りです。

■ 国内線
 片道   @Rs. 300/-
往復   @Rs. 600/-


■ 国際線
 片道   @Rs. 600/-
往復   @Rs. 1200/-


昨日10月3日までに発券した航空券は適用外となりますので、今日発券のチケットからこの新しい燃油サーチャージが適用されています。


「そんなん知ってたら昨日のうちにチケット発券したのに~~!」という声も聞こえてきそうです。
ごめんなさいm(_ _;)m


だいたい来週末は、断食明けのイード休暇で国内外での空の移動が増える時期じゃないですか...。狙ったか!!といわれても仕方の無いタイミングですよ~。

いわば、日本で年の瀬が迫った12月20日もしくはお盆前の8月7日あたりから、いきなり料金を改定するようなものですよ~!


ラクジュアリーなサービスが人気のカタール航空なんて「Ramadan Promotion実施中!」だと言うのに~~~(;´д⊂)


この間もテレビのインタビュー@バザールで市井の人々が「普通はイスラム教の国はラマダンになると物価が下がるって聞いてるのに、パキスタンは何でラマダンにかこつけて物価がこんなに上がるんだ!!」とぼやいていましたが...。


ということで今日からPIAの航空券は国内線も国際線も値上げです!
[PR]
by pakistan_tourism | 2007-10-04 11:43 | エアライン
10月01 日(月)曜日 by wajid Ali

今日のパキスタン観光情報

◇お天気・気温◇
イスラマバード
天気  晴れ
最高気温25度
最低気温16度

カラチ
天気  晴れ
最高気温33度
最低気温24度

ラホール
天気  晴れ
最高気温32度
最低気温19度

ペシャワール
天気  晴れ
最高気温26度
最低気温19度

◇北方地域フライト(イスラマバード出発分のみご案内)◇
ギルギット路線
PK605 07   時 00  分出発  とんだ
PK607 10   時 00  分出発  とんだ

スカルドゥ路線
PK451 09   時 30  分出発  とんだ  

チトラール路線(火・水・金・日)
PK664    時   分出発  

◇為替レート◇
US$ 1=Rs.60.6940
EURO 1=Rs.86.0216
日本円1=Rs.0.5271

◇今日のお知らせ<>
[PR]
by pakistan_tourism | 2007-10-01 14:25 | Daily Report