2006年 01月 31日 ( 1 )

昨晩、新月が観測されましたので
本日1月31日からイスラム暦のムハラム月が始まりました。

ムハラム月の9日と10日は
シーア派の人々にとっては大切なアシュラーの日で、殉教者フサインの死を悼む行事が執り行われます。

行事とは殉教者を悼んでの悲しみの行進のことをさします。

ムスリム国家各地によってスタイルは異なりまして、
レバノンだったかでシーア派教徒達が黒ずくめの格好で胸を叩きながら行進している様子を、テレビで観たことがありますが、パキスタンの場合はもっとリアルで、上半身裸になった男性達が鎖や刃物で背中を打ちながら血を流して行進する様子が見られるようです。(何故「~ようです」なのかと言うと自分では観に行ったことが無いからです。)

実際、痛みと興奮とでトリップ状態になりやすく、喧嘩や暴動に発展する危険性を常にはらんで居る為に、観光客が興味本位で行進に近づかないように、と言われています。

スンニ派が過半数のパキスタンにおいても、この日は祝日となり、行政機関、会社、学校などが全てお休みとなります。

ムハラム月の9日、10日と言いますと
西暦カレンダーでは2月8日(水)9日(木)の2日間。

つまり2006年はこの両日がパキスタンでは祝日となります。

ご訪問を予定しておられる皆様は、お役所などが全てお休みになりますのでご注意下さい!
[PR]
by pakistan_tourism | 2006-01-31 10:37 | 祝祭日