2006年 02月 15日 ( 1 )

在留邦人の皆様へ

平成18年2月15日

お知らせ

在パキスタン日本国大使館

 

預言者ムハンマドの風刺画掲載に対する抗議集会・デモの発生について、日本国外務省は2月15日に渡航情報(スポット情報)を発出しましたので、ご参考までに以下のとおりお知らせします。なお、現在のところ当館が把握している今後行われる予定の大規模集会・デモは次のとおりです。

 (1)2月19日(日)~イスラマバード

 (2)2月26日(日)~ラホール

 (3)3月3日(金)~ゼネスト

 (4)3月5日(日)~カラチ

 また、2月17日(金)にも金曜集団礼拝の後、各地で抗議集会・デモが行われる可能性が高いと思われます。また、北西辺境州ペシャワルでは、連日抗議集会・デモが行われています。その他の都市でも、突発的に集会・デモが行われる可能性があり、14日に発出した「お知らせ」のとおり、邦人の皆様におかれましては、当分の間、(イ)不要・不急の外出を控える、(ロ)人の集まっている場所には近づかない、(ハ)モスク、マーケット、外国人がよく利用するファストフード・レストラン並びに外交団地区外に所在する他国大使館にも不用意に近づかない、(ニ)この問題についての不用意な発言は使用人に対してもしない様、十分ご注意いただくと共に、最新の情報にご留意下さい。





~渡航情報(スポット情報)~

(件名)

パキスタン:預言者ムハンマドの風刺画掲載に対する抗議デモ・暴動の発生



(内容)

1.2006年2月8日付け広域情報「預言者ムハンマドの風刺画掲載に対する抗議デモ・暴動の発生(第2報)」において、アジア地域でも抗議デモ・暴動等が発生する可能性を指摘したところですが、2月14日(現地時間、以下同じ)、パキスタン東部のラホールで、欧州諸国各紙の預言者ムハンマドの風刺画掲載に対する抗議デモの一部が暴徒化し、外国系レストランや外資系銀行、ノルウェーの携帯電話会社事務所等を襲撃し、放火するという事件が発生しました。暴徒数は約1万5千人と報道されており、暴徒に対して警備員が発砲し、死傷者も発生している模様です。また、日系企業のショールームの一部が被害を受けたとの情報もあります。



2.同日、首都イスラマバードでも総勢約5000人のデモが行われ、一部が暴徒化して外交団地区に侵入し、外交団地区内に駐車中の車両数台、警察官詰所、その他施設を破壊しました。



3.パキスタンのイスラム団体は、風刺画掲載に抗議することを目的に、3月3日に大規模なストを呼びかけており、今後も類似の抗議デモ・暴動がパキスタン全土で発生する可能性は排除されません。つきましては、パキスタンに渡航・滞在される方は、最新の情報を入手するとともに、風刺画掲載に関係する国の大使館や関連施設には近づかないようにしてください。また、デモや暴動を見かけた場合には決して近づいたりせず、速やかにその場を離れてください。



4.なお、パキスタンに対しては、別途「危険情報」も発出されていますので、同情報にも留意してください。



(問い合わせ先)

○外務省海外安全相談センター

 東京都千代田区霞が関2-2-1

 電話:(代表)03-3580-3311 (内線)2902

○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)

 東京都千代田区霞が関2-2-1

 電話:(代表)03-3580-3311 (内線)5140

○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)

 東京都千代田区霞が関2-2-1

 電話:(代表)03-3580-3311 (内線)3679

○外務省海外安全ホームページ:http://www.mofa.go.jp/anzen

○在パキスタン日本国大使館

 Plot No.53-70, Ramna 5/4, Diplomatic Enclave 1, Islamabad, Pakistan

 電話: (92-51) 2279320

 FAX : (92-51) 2279340

○在カラチ日本国総領事館

 6/2 Civil Lines, Abdullah Haroon Road, Karachi, 75530, Pakistan

 電話: (92-21) 522-0800

 FAX : (92-21) 522-0820
[PR]
by pakistan_tourism | 2006-02-15 23:40 | 治安情報